株テーマランキング
いま株式市場で話題のテーマ(関連銘柄)を人気順にランキング!各種ニュースサイトで、掲載が多かった順にランキングしています!

今ホットな株テーマランキング(2015/10/20)

第1位 TPP関連

注目度:19ポイント
  • 「TPP大筋合意」で買われた株ランキング 10/17 06:00 東洋経済オンライン
    東洋経済オンラインTPP(環太平洋経済連携協定)の大筋合意が伝えられた10月5日、株式市場ではTPP関連銘柄が軒並み大幅高となった。そこで、日本が交渉に加わった2年余りの期間に株式市場で話題に上った東証1部上場銘柄を対象に、株価上昇率ランキングを作成した。 起点としたのは、 ...
  • 注目のTPPで「笑う企業、泣く企業」 10/15 10:15 ZUU online
    TPP(環太平洋経済連携協定)の大筋合意が伝えられた10月5日、株式市場では農業関連や食品、自動車関連株の一角が大幅続伸した。TPP関連銘柄が格好の物色材料となった。半面、同じ関連銘柄でもTPPにより業績が悪化すると見られた銘柄は反落した。 以下では、TPP ...
  • TPP合意で素直に買われた関連銘柄はコレだ 株価上昇率ランキングトップ25 10/12 08:08 会社四季報オンライン (会員登録)
    会社四季報オンライン (会員登録)TPP(環太平洋経済連携協定)の大筋合意が伝えられた10月5日、株式市場ではTPP関連銘柄が軒並み大幅高となった。そこで、日本が交渉に加わった2年余りの期間に株式市場で話題に上った東証1部上場銘柄を対象に、株価上昇率ランキングを作成した。 起点としたのは、 ...and more »

第2位 石油関連

注目度:16ポイント
  • 概況からBRICsを知ろう~中国本土市場は値下がり、インフラ関連株の下げが目立つ 10/20 10:47 ZUU online
    19日発表の中国の経済指標で、9月鉱工業生産が予想を下回る伸びにとどまったこと。また、ブレント原油先物が一段安になったことが、ロシア株の売り圧力になったもよう。一方、ルーブル安で石油関連以外の輸出企業が株高となり、ロシア株の下支えとなった。なお、ロシアの ...and more »
  • 石油関連株が軒並み高、中東情勢不安でWTI価格は一時50ドル乗せ 10/09 11:43 株探ニュース
    石油関連株が軒並み高。国際石油開発帝石<1605>やJXホールディングス<5020>、コスモエネルギーホールディングス<5021>などが値を上げている。8日の米原油先物相場はWTI(ウ エスト・テキサス・インターミディエート)の期近11月物が前日比1.62ドル高の1 ...
  • 【欧州株】続伸、鉱業株と石油関連株が高い 10/08 06:29 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
    鉱業株と石油関連株が上げを主導した。 欧州主要企業600社で構成するStoxx600指数の終値は前日比0.52ポイント(0.14%)高の360.93と4営業日続伸となった。日中高値からは上げ幅を削ったものの、4連騰は8月上旬以来。 主要市場では、ドイツのDAX指数が前日比67.57 ...

第3位 コモディティ関連

注目度:15ポイント
  • アジア株式市場サマリー(20日) 10/20 20:20 BLOGOS
    ハンセン指数<.HSI>を13%超も押し上げた3週間におよぶ上昇の反動から、利食い売りが出た。 全ての主要セクターが下落。本土株の引け間際の急上昇には無反応だった。下落が一番きつかったのはコモディティ関連株<.HSCIM>で、中国経済の健全性に対する懸念が長引い ...and more »
  • 日本株反発、景気・業績懸念薄れ通信、金融高い-売買半年ぶり低水準 10/20 15:47 ブルームバーグ
    あすかアセットマネジメントの平尾俊裕社長は、「きょうの安川電機から主要決算が始まり、決算で市場は動き出す。上期はコモディティ関連を除くと悪くないだろうが、今後はどうなるかわからない」と指摘。流動性相場の継続期待から下値を売っていくことはないが、「先をどうみる ...and more »
  • 上海株は大幅反落、コモディティ関連が下げ主導 09/29 18:41 朝日新聞
    朝日新聞世界経済の急激な減速懸念による海外株式市場の下落に追随し、エネルギーとコモディティ関連株が下げを主導した。 依然として薄商い。上海市場の取引高は6月初旬のピーク時の5分の1程度。10月1日から始まる中国の7日間にわたる国慶節の休暇を控え、全体的にリスク ...and more »

第4位 中国関連

注目度:15ポイント
  • 日経平均は反落、利食い優勢 売買代金は2カ月ぶりに2兆円割れ 10/19 15:39 BLOGOS
    東証1部の売買代金は1兆9952億円と、8月17日以来、約2カ月ぶりに2兆円を下回った。 前週末の欧米株は上昇したものの、円相場がやや強含みとなったことから外需株を中心に売りが先行。鉄鋼や非鉄金属、商社など中国関連銘柄への売りも目立ち、日経平均の下げ幅は ...and more »
  • 日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は3日ぶり反落、ファナックが値下がり寄与トップ 10/19 12:44 ZUU online
    その他中国関連銘柄にも同様の動きが見られた。旭化成<3407>は8.0%安。マンション傾斜問題に揺れる同社や三住建設<1821>はいずれも8%を超える下げとなった。国土交通省では、建設工事を請け負った三住建設などに建設業法違反の疑いがあるとして、行政処分の ...and more »
  • 中小型株の短期値幅取りと中国関連への見直しに期待 10/19 12:26 ZUU online
    規模別指数では小型株指数のみがプラス圏で推移している。そのため、引き続き中小型株への短期的な値幅取り狙いの動きが意識される。そのほか、中国市場の落ち着きがみられてくるようだと、鉄鋼、鉱業、卸売、機械、輸送用機器といった関連セクターへの見直しも意識され ...and more »

第5位 エネルギー関連

注目度:13ポイント
  • 20日の香港市場概況:ハンセン指数は4日ぶりに反落、高値水準から利食い売りが優勢に 10/20 18:31 FISCO(フィスコ)
    FISCO(フィスコ)ハンセン指数の構成銘柄では、エネルギー関連株の下げが目立つ。石炭の中国神華能源(1088/HK)が3.0%安、石油の中国石油天然気(857/HK)と中国海洋石油(CNOOC:883/HK)がそろって1.5%安で引けた。神華能源に関しては、今年9月の石炭販売量が前年同月比で2 ...and more »
  • NY株小幅続伸、エネルギー関連株に売り(19日) 10/20 06:42 ロイター
    ロイターNY株小幅続伸、エネルギー関連株に売り(19日). 6:16am JST - 03:30. 10月19日-米国株式市場は小幅続伸。バイオ関連株が反発したものの、原油安と企業決算が売り材料となった。 △ ストーリーを隠す. ▷ ストーリーを表示する. リンクをコピーするには:URL上で右クリック ...
  • 米国株式市場は横ばい、エネルギー関連株に売り 10/20 06:24 朝日新聞
    朝日新聞[19日 ロイター] - 19日の米国株式市場はほぼ横ばいで終了した。バイオ関連株が反発したものの、原油安と企業決算が売り材料となった。 ダウ工業株30種<.DJI>は14.57ドル(0.08%)高の1万7230.54ドル。 ナスダック総合指数<.IXIC>は18.78ポイント(0.38%)高 ...and more »

第6位 株式関連

注目度:12ポイント
  • • あなたが送信するには、以下の確認コードを入力する必要があります 10/20 23:20 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
    配当金額と株式関連情報は四半期毎に更新されます。 米国株式指標はリアルタイムで更新されます。情報提供:ダウ・ジョーンズ社. データは、情報提供の目的で「そのまま」提供するものであり、取引の目的を意図したものではありません。SIXテレクルスは(a)データに関して、 ...
  • マイクロソフトCEO報酬が8割減、22億円に 株式関連で減少 10/20 13:11 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
    ウォール・ストリート・ジャーナル日本版株式報酬5920万ドルは、マイクロソフト株の上昇分と配当が、19年、20年、21年にそれぞれ最終年を迎える5年の各期間においてS&P500種指数構成銘柄の60%のそれを上回ることを前提としている。 エイミー・フッド最高財務責任者(CFO)の報酬総額は16%減の880万ドル、 ...

第7位 航空機関連

注目度:12ポイント
  • 機械・航空機の米ユナイテッド・テク株が反発 1兆4000億円強の自社株買い好感 10/21 00:26 日本経済新聞
    【NQNニューヨーク=川内資子】20日の米株式市場で機械・航空機関連のユナイテッド・テクノロジーズが3営業日ぶりに反発して始まった。前日比2.60ドル(2.8%)高の94.65ドルで推移している。同日朝、2015年7~9月期決算と同時に120億ドル(約1兆4350億円)の自社株 ...
  • 米国株、反落で始まる ダウ64ドル安、IBMが安い 世界経済減速への警戒も 10/20 22:56 日本経済新聞
    四半期決算で売上高や1株利益が市場予想を上回った通信のベライゾン・コミュニケーションズも高い。決算で1株利益が市場予想を大きく上回った保険のトラベラーズが上昇。決算と同時に120億ドル(約1兆4000億円)の自社株買いを発表した機械・航空機関連のユナイテッド・ ...
  • 米国株、ダウ続伸し14ドル高 緩和長期化の観測、中国GDPは重荷に 10/20 05:41 日本経済新聞
    四半期決算で最終損益が赤字となった資源開発関連サービスのハリバートンも売られたほか、減益決算となったカナダの製薬大手バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルも下げた。ダウ構成銘柄では機械・航空機関連のユナイテッド・テクノロジーズ、IBMなどが ...and more »

第8位 インバウンド関連

注目度:11ポイント
  • 【日本株週間見通し】インバウンド関連に利益確定の動き出る 10/11 16:01 NEWSポストセブン
    一方で気掛かりな点がファーストリテ<9983>をはじめとする小売株などインバウンド関連の動向。中国の国慶節からの大型連休明け後の動向が予想外の鈍い動きだったこともあり、関連銘柄への利益確定に向かわせた。さらに週末にはファーストリテが発表した決算が、計画に ...and more »
  • TPPきっかけに、売られすぎ株のリバウンドが始まる 10/10 06:06 会社四季報オンライン (会員登録)
    会社四季報オンライン (会員登録)足元の物色動向を振り返る。「国慶節」休暇の中国人観光客で連想を誘ったインバウンド関連は、連休が終わる6~7日の両日にあっけなく手仕舞われた。利食った資金は、1週間前はネガティブな見方が大半だったTPPやノーベル賞の関連銘柄に向かった。 来週は13日 ...and more »
  • 個別銘柄戦略:中国関連株の行方、インバウンド関連の見直しなど関心 10/08 09:02 株探ニュース
    休場中の世界株の動きからみても、買いが先行する公算は大きいとみられる。想定線ではあるものの、中国関連を中心に買い安心材料につながって行きそうだ。ただ、予想に反して伸び悩んだ場合は、足元で上昇の目立った素材や資源関連株にあらためてショートポジションを ...and more »

第9位 バイオ関連

注目度:10ポイント
  • 東京株式(前引け)=反発も商い低調で値下がり銘柄多い 10/20 11:54 株探ニュース
    主力大型株は高いものの中小型株は値を下げるものが目立ち、値下がり銘柄数が値上がりを大きく上回っている。市場エネルギーも一段と低下傾向に ... 日電産<6594>も上昇した。トーカイ<9729>が急伸、宝HLD<2531>、新日科学<2395>などバイオ関連も大きく買われた。and more »
  • 今日の株式見通し=反発、材料難で方向感出にくい 10/20 08:02 ロイター
    さえない企業決算に加え、原油安が重しとなったが、バイオ関連株の反発が指数を支えた。外為市場でドル/円JPU=EBSがやや上昇していることも支援材料となりやすい。シカゴの日経平均先物(円建て)は大取終値比140円高の1万8270円と高く、朝方は同水準を意識した ...
  • NY株小幅続伸、エネルギー関連株に売り(19日) 10/20 06:42 ロイター
    ロイターNY株小幅続伸、エネルギー関連株に売り(19日). 6:16am JST - 03:30. 10月19日-米国株式市場は小幅続伸。バイオ関連株が反発したものの、原油安と企業決算が売り材料となった。 △ ストーリーを隠す. ▷ ストーリーを表示する. リンクをコピーするには:URL上で右クリック ...

第10位 資源関連

注目度:10ポイント
  • 個別銘柄戦略:経済指標発表を受けた中国関連や資源関連株の動向に関心 10/19 09:05 株探ニュース
    本日は7-9月期のGDPなど中国の経済指標発表が焦点となる。さえない数値が見込まれるものの、その場合は景気刺激策への期待につながる公算も大きく、ポジティブな動きになっていく可能性も。中国関連や資源関連株の見直しの流れも想定しておきたい。先週末も戸田建設 ...and more »
  • 東証寄り付き、反落 100円安 資源関連株が安い 10/13 09:24 日本経済新聞
    日経平均は前週に713円(4%)と比較的大きく上昇した反動で、利益確定売りにおされている。8月後半以降にとどまっていた時間が長い1万8000円台を回復し、戻り待ちの売りも出ているようだ。 もっとも、前日の米株高が投資家心理を支えており、積極的に売り込む動きは限 ...
  • 個別銘柄戦略:原油安など背景に資源関連株の動向に警戒 10/13 09:12 株探ニュース
    海外市場は堅調な動きとなっているが、直近での上昇の反動から利食い売りが先行する公算。とりわけ、原油市況の下落を背景に、直近の株価上昇をけん引してきたエネルギー・資源関連株などの反動安が警戒されるところ。本日は中国の貿易統計が予定されており、発表後の ...and more »


気になったテーマはありましたか?(コメント欄にご意見をお待ちしております)